製品品質

基本的な考え方

タイセイプラスは、「品質第一」の大原則を基に経営理念にもある「社会に役立つものづくり」を推進して参りました。プラスチック製品を取り扱う企業の責務として、製品をご使用頂くお客様にとって不具合や不良品などは絶対にあってはいけない事であると過去からの教訓として心に刻み、従業員全員がその想いで日々技術や技能を磨き、当社製品をご購入頂いた方々が満足、安心してご使用いただくために、商品開発や製造を日々推進しております。 またタイセイプラスでは心がけでなく科学的取り組みと、人によるミスが介在しないものづくりを日夜目指しております。品質を工程で作り込み、後工程であるお客様に喜んで頂ける製品を提供するため、人だけでなくロボットやシステムとの現場共存も推進し、新たなものづくりの価値を創造しております。

製品品質と顧客対応

タイセイプラスでは毎月第三水曜日を品質会議として全工場における振り返りを実施しております。品質不良は現場でしか発生せず、当社ではとことん工程内不良を低減する活動を推進しており、不具合内容などを迅速に製品に反映し、改善を進めています。また同様の製品を国内・海外工場に複数生産しているため、横展開のためにも定期的な品質会議が有効に効果を発揮しております。 タイセイプラスの品質は、製品品質と顧客対応それぞれの向上策に基づき管理されています。

 

【製品品質の向上策】:顧客に満足して頂ける製品を提供

・顧客ニーズにあった設計品質を提供
・顧客に喜んで頂ける製品をタイムリーに提供

 

・顧客に迷惑を掛けない検査システム改善
・検査環境の充実
・検査員の認定制度と検査スキルアップ
・画像検査機導入

 

・品質向上するため継続的に改善提案、QCサークル活動等による全員参加の継続的な改善活動

 

【顧客対応の向上策】:納入品質のアフターケア

 

・問合せやクレーム対応に際しては、顧客の満足を第一に考えます。
・現場点検と現物回収

 

・顧客に迷惑を掛けない速やかな処置
・現地、現物、原理、原則に基づく深掘りの原因追及とシステム対応までの再発防止を徹底

 

・不具合情報開示の徹底を図り、開示手段の確保に努めます。

 

 

品質管理体制

 

・品質保証体制として自工程完結型を目的として工程の作り込みを行い、保証モードで人員の配置 又は、工程の流れなど把握の上、画像検査機やロボット導入などを行います。
・お客様に信頼おける体制と考え、初期流動時は特別検査工程を追加の上、W検査で不具合流出防止 を図っております。

ISO9001、2015に裏付けられた管理体制

弊社では2004年より取得しているISO9001を活用し、社内の品質管理体制を整備しております。
ISOの品質マネジメントシステムの考え方を当社向けに改良し、自動車関連メーカー様のみならず多方面での品質水準を満たす品質を確保しております。

 

 

 

階層別人材教育

あらゆる年齢層やキャリア、スキルなど階層別の人材教育を計画的に実施。中長期を見据え、定年退職まで安心して、個人の能力を十分に発揮できる人材教育を行っております。

 

 

 

 

関係会社との品質管理ネットワーク確立

製品の安全基準、品質管理、原材料や部材の調達先の把握、その調達先との製品仕様に関する情報共有体制等を含めた、製品安全の確保のために必要な各種品質保証の規程類整備を行っております。

 

 

 

 

品質緊急対応体制の設置

タイセイプラスでは重大製品不具合の発生により、顧客や購入者に対して大きな被害を及ぼす様な場合には、実効性ある緊急時の体制として、「品質緊急対応体制」を設置対応します。