量産までのプロセス

製品図、形状検討

仮製品図で製品のブロー成形性を考え、DRを実施し提案をします。

製品図、CADデータ

DR結果を踏まえ、CADデータを作成します。

金型仕様の設計

CADデータを金型制作に展開できるようにデータを修正。製品にあわせ、今までの実績をもとに、より良い製品が出来るような金型設計をいたします。

金型作成

信頼の置ける金型メーカーに当社の仕様通り、製作依頼を実施します。
納期は最短を目指します。

試作成形

金型の完成タイミングで、試作成形トライを実施し、量産に向けた形状造りを進めます。

測定

トライ製品を測定ゲージを用い、外観寸法評価を実施します。

 

加工機仕様の取決および加工機製作

社内及びアウトソーシングにて品質保証ができる加工機を製作致します。

量産

上記の流れで進めてきた結果、コスト、品質をすべてクリアした製品の安定供給をいたします。